趣味愉楽 詩酒音楽          《まことに人生、一瞬の夢、 ゴム風船の、美しさかな。》

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

困難な時期にある友だちたちに

 現に痛みを感じているさなかに、聞こえてくる作品というのは、ほとんどない。
 ヘッセの詩は、渦中でも、聞こえてくる。

      困難な時期にある友だちたちに

この暗い時期にも、
いとしい友よ、私のことばを容れよ。
人生を明るいと思う時も、暗いと思う時も、
私は決して人生をののしるまい。

日の輝きと暴風雨とは
同じ空の違った表情に過ぎない。
運命は、甘いものにせよ、にがいものにせよ、
好ましい糧として役立てよう。

魂は、曲りくねった小道を行く。
魂のことばを読むことを学びたまえ!
今日、魂にとって苦悩であったものを、
明日は、もう魂は恵みとしてたたえる。

未熟なものだけが死ぬ。
他のものには神性が教えようとする。
低いものからも、高いものからも、
魂のこもった心を養うために。

あの最後の段階に達して初めて
私たちは自己に安らいを与えることができる、
その境に至って、父に呼ばれつつ、
早くも天を見ることができる。


 1915年前後の作品。

ヘッセ詩集 (新潮文庫)ヘッセ詩集 (新潮文庫)
(1950/12/07)
ヘッセ

商品詳細を見る
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://bachundbruckner.blog.fc2.com/tb.php/9-9e9301a0
 
 
 
 
プロフィール

めが

Author:めが
大阪在住、岡山出身。

岡山朝日高校(管弦楽部)、大阪大学(法学部)から会社員(教育系)へ。

【興味関心】
詩(ヘッセと中原中也)
音楽(とくにバッハとブルックナー)
モータースポーツ(とくに1984年~1993年のF1)
グランツーリスモ、スポーツカート
ブルックナー研究

 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。