趣味愉楽 詩酒音楽          《まことに人生、一瞬の夢、 ゴム風船の、美しさかな。》

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

四天王

 1986年と1987年のF1グランプリのドライバーズランキングを見ると、確かに1位から4位までが彼らである。

GRAND PRIX Special (グランプリ トクシュウ) 2014年 10月号 [雑誌]GRAND PRIX Special (グランプリ トクシュウ) 2014年 10月号 [雑誌]
(2014/09/20)
不明

商品詳細を見る


 1988年以降も、90年代初頭までドライバーズランキングの上位にはネルソン・ピケ、アラン・プロスト、ナイジェル・マンセル、アイルトン・セナの名前がある。 
 彼らの共通点は、みなホンダ・エンジンで戦ったことがあるということである。ウィリアムズ・ホンダ、ロータス・ホンダ、そしてマクラーレン・ホンダというように、実は日本とも比較的関係が深い。
 過去のGPを見なおしてみて、やっぱりこの時代が一番好きである。オールドコースやマシンデザイン・エンジンが好みであるという以上に、彼らの存在が魅了する。

 セナやマンセルは当時から人気が高かったし、今でもファンは多く、実際に今週末のF1日本GPにマンセルは来日するとのこと(限定グッズ販売もあるとか)。いっぽうのピケやプロストは日本ではあまり評価されていない節がある。個人的には、職人気質のこの2人にこそ注目したいと常々思っている。
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://bachundbruckner.blog.fc2.com/tb.php/58-d7bc059f
 
 
 
 
プロフィール

めが

Author:めが
大阪在住、岡山出身。

岡山朝日高校(管弦楽部)、大阪大学(法学部)から会社員(教育系)へ。

【興味関心】
詩(ヘッセと中原中也)
音楽(とくにバッハとブルックナー)
モータースポーツ(とくに1984年~1993年のF1)
グランツーリスモ、スポーツカート
ブルックナー研究

 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。