趣味愉楽 詩酒音楽          《まことに人生、一瞬の夢、 ゴム風船の、美しさかな。》

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

ベッテルはプロストと肩を並べたか

 最強のF1マシンとは?
 ハイテク以前ということで言えば、マクラーレン・ホンダ MP4/4 は史上最強のGPマシンだろう。ホンダ・レーシング・ギャラリーより
 実物が目の前を走るのを見たことがあるが、身震いしたのをよく覚えている。

 当時、プロストはセナしか見ていなかったし、セナはもちろんプロストしか見ていなかった。1988年から1991年まで、ドライバーズ・タイトルは4年連続でプロストorセナ。でも飽きない。だって二人のライバルが、切れば血が噴き出るようなバトルを常に繰り広げていたから。参考

 ベッテルは4度のタイトルを獲得し、アラン・プロストに並んだ。プロストの4度目ははっきり言って(セナに対する意地としての)蛇足みたいなものだが、その他3つのタイトルはわりあいぎりぎりでの獲得である。1985年はアルボレートと、1986年はウィリアムズ・ホンダのマンセルやピケと、そして1989年はセナと、猛烈なバトルを繰り広げてのタイトル獲得である。だからこそ僕はものすごく惹かれる。だからこそベッテルにはあまり魅力を感じない、というか今のF1にそこまで情熱がない(マシンの見た目もかなり影響しているけれども)。
 とはいえ来年度からの新レギュレーションに期待大。
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://bachundbruckner.blog.fc2.com/tb.php/5-f15b0fc3
 
 
 
 
プロフィール

めが

Author:めが
大阪在住、岡山出身。

岡山朝日高校(管弦楽部)、大阪大学(法学部)から会社員(教育系)へ。

【興味関心】
詩(ヘッセと中原中也)
音楽(とくにバッハとブルックナー)
モータースポーツ(とくに1984年~1993年のF1)
グランツーリスモ、スポーツカート
ブルックナー研究

 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。