趣味愉楽 詩酒音楽          《まことに人生、一瞬の夢、 ゴム風船の、美しさかな。》

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

アンドレアス・グルスキー展へ行って

 アンドレアス・グルスキーの展覧会へ行った。 アンドレアス・グルスキー展
 リアリズムというよりも、デジタル編集を加えた絵画的な、幻想的な写真が多くあった。彼の根底にあるもの、撮りたいもの、というのは、1つには、証券取引所や国会議事堂、F1パドックやスーパーなどに見られるような、ひとやものの飽和状態だとおもう。
 僕は証券取引所の(人間たちの)カオスな様を見た瞬間、ピーテル・ブリューゲルの、あの画面上に人間があふれかえっている絵画を思い出した。
 お気に入りは『ライン川』である。ポストカードを買って帰った。こういう静かな写真がいい。

Andreas GurskyAndreas Gursky
(2002/07/15)
Peter Galassi

商品詳細を見る
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://bachundbruckner.blog.fc2.com/tb.php/35-5b1c3789
 
 
 
 
プロフィール

めが

Author:めが
大阪在住、岡山出身。

岡山朝日高校(管弦楽部)、大阪大学(法学部)から会社員(教育系)へ。

【興味関心】
詩(ヘッセと中原中也)
音楽(とくにバッハとブルックナー)
モータースポーツ(とくに1984年~1993年のF1)
グランツーリスモ、スポーツカート
ブルックナー研究

 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。