趣味愉楽 詩酒音楽          《まことに人生、一瞬の夢、 ゴム風船の、美しさかな。》

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

思い出のブラームス

 録音でしか聴いたことのなかったブラームスのハ短調交響曲。先日の阪大オケの定期演奏会で初めて生で聴くことができた。
 ブラ1といえば、高校時代はこればかり聴いていた。

ブラームス:交響曲第1番ブラームス:交響曲第1番
(2004/08/25)
フルトヴェングラー(ヴィルヘルム)

商品詳細を見る


 今なお、この曲の最高の演奏の1つだと信じている。

 真にすぐれた演奏は聴き手にあらさがしをさせない。本当に音楽に引き込むからそこには客観的に認識する対象としての作品はもはや存立しえない。主客の区別はなくなる。ただ出来事が、存在という神秘が光り輝いてくる。
 
 
 
 
Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
Trackback
http://bachundbruckner.blog.fc2.com/tb.php/24-14674bae
 
 
 
 
プロフィール

めが

Author:めが
大阪在住、岡山出身。

岡山朝日高校(管弦楽部)、大阪大学(法学部)から会社員(教育系)へ。

【興味関心】
詩(ヘッセと中原中也)
音楽(とくにバッハとブルックナー)
モータースポーツ(とくに1984年~1993年のF1)
グランツーリスモ、スポーツカート
ブルックナー研究

 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。