趣味愉楽 詩酒音楽          《まことに人生、一瞬の夢、 ゴム風船の、美しさかな。》

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

MRパワステなし電子制御一切なし

 きちんと基礎から固めることが大事。

レーシングカートテクニック 完結編レーシングカートテクニック 完結編
(2015/02/13)
鈴木立一

商品詳細を見る


 GTにも応用していきたい。いや、応用する。
スポンサーサイト
 
 
 
 

言葉と音楽の母

 八尾のくらしも今月末までである。
 来月からは再び北摂の地に居を移す。所は豊中市の最東、緑地公園のさらに東である。2LDKのしっかりとしたマンションである。
 大学が近くなるから図書館や学食や部室に気軽に行くこともできるだろうし、箕面や梅田にも足を運びやすくなる。大阪駅前ビル群はまだまだ未知の領域であり、しっかり散策したいと常々思っていたから有難い。梅田のちょっと落ち着いた喫茶も少しずつ開拓していっている。これからさらに掘り出していきたい。
 新居ではじっくり腰を据えて、為すべきことを行いたい。音楽(史)とりわけブルックナーの交響曲について、あるいはオリジナル・テキストについて、30歳までにある程度の成果を出さねばと思っている。
 舞洲のインフィニティ・サーキットでのスポーツ・カートも力を入れたいが、やはりお金のかかるものであるから、どちらに投資するかとなればそれはやはり音楽の方面であろうと覚悟している。したがってグランツーリスモ(ドライビング・シュミレータ)が労働者階級にとってはこの上ない代替である。これについては世間一般ひろく正しきご理解を頂戴したいところではある。
 
 沈黙(無限の有を含む根源的な無)は、言葉と音楽の母である。僕が最後に大事にしたいのは、それらである。
 
 
 
 
プロフィール

めが

Author:めが
大阪在住、岡山出身。

岡山朝日高校(管弦楽部)、大阪大学(法学部)から会社員(教育系)へ。

【興味関心】
詩(ヘッセと中原中也)
音楽(とくにバッハとブルックナー)
モータースポーツ(とくに1984年~1993年のF1)
グランツーリスモ、スポーツカート
ブルックナー研究

 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。