趣味愉楽 詩酒音楽          《まことに人生、一瞬の夢、 ゴム風船の、美しさかな。》

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 
 
 

Not to be, however, to BE

 打ちのめされる、という体験が必要である。
 何をしたいか。僕は、作品に、徹底的に打ちのめされたい。今年一年、仕事や趣味を消費しながら、いま強く、そう思う。快楽や気休めや暇つぶしや気分転換に決して回収され得ない、激しい衝撃、亀裂を求める。

   死なない蛸(たこ)

 或る水族館の水槽で、ひさしい間、飢えた蛸が飼われていた。地下の薄暗い岩の影で、青ざめた玻璃(はり)天井の光線が、いつも悲しげに漂っていた。
 だれも人人は、その薄暗い水槽を忘れていた。もう久しい以前に、蛸は死んだと思われていた。そして腐った海水だけが、埃っぽい日ざしの中で、いつも硝子窓の槽にたまっていた。
 けれども動物は死ななかった。蛸は岩影にかくれて居たのだ。そして彼が目を覚した時、不幸な、忘れられた水槽の中で、幾日も幾日も、おそろしい飢餓を忍ばねばならなかった。どこにも餌食がなく、食物が全く尽きてしまった時、彼は自分の足をもいで食った。まずその一本を。それから次の一本を。それから、最後に、それがすっかりおしまいになった時、今度は胴を裏がえして、内臓の一部を食べはじめた。少しずつ他の一部から一部へと。順順に。
 かくして蛸は、彼の身体全体を食いつくしてしまった。外皮から、脳髄から、胃袋から。どこもかしこも、すべて残る隈なく。完全に。
 或る朝、ふと番人がそこに来た時、水槽の中は空っぽになっていた。曇った埃っぽい硝子の中で、藍色の透き通った潮水と、なよなよした海草とが動いていた。そしてどこの岩の隅隅にも、もはや生物の姿は見えなかった。蛸は実際に、すっかり消滅してしまったのである。
 けれども蛸は死ななかった。彼が消えてしまった後ですらも、尚お且つ永遠にそこに生きていた。古ぼけた、空っぽの、忘れられた水族館の槽の中で。永遠に。ーおそらくは幾世紀の間を通じて-或る物すごい欠乏と不満をもった、人の目に見えない動物が生きて居た。

                                『永遠の詩⑦ 萩原朔太郎』(小学館)より 表記一部改編


永遠の詩07 萩原朔太郎永遠の詩07 萩原朔太郎
(2013/01/21)
萩原朔太郎、高橋順子 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
 
 
 
 

GT6 セッティング途中経過

 足回りの感触にかなりこだわったと開発陣が言われてるとおり、路面からの情報は前作よりはるかに多く、また奥行きがある。ドライブする側としては、非常にチャレンジングである。
 タイヤをスポーツからレーシングに変えたときの感触は驚きである。まさに路面に吸い付いている感じがする。
 コーナーイン側の縁石に乗り上げたときや路面がうねっているときの挙動の乱れはシビアである。コントロールするのは大変難しい。
 
 実車への憧れから、GT6で主にドライブしているのは SUBARU BRZ。なにより低重心であることが魅力。
 PP500 のオンラインレースでそこそこの競争力のあるマシンに仕上げていくのが目下の課題。あまりウエイトを乗せたくないものの重量配分の適正化のため 53:47(前:後)を 52:48 へ、リア荷重を増やし、車高はひとまず前後とも85に。今後、アンダーやオーバーが出てくれば調整することとし、問題のバネレートは(実際のオンラインレースの運びを考慮して)最大公約数的な数値を模索したところ、7.75:7.5 と決定。まだまだ気に入らないけれど残りはダンパーとスタビライザーで調節するほかない。そこまでをスポーツハードで詰めて、最後はレーシングハードに履き替えて実際のアンダーやオーバーを考慮してからキャンバーとトー角、そしてダウンフォースを決める、予定。LSDをどの時点でいじるかが未定。ここでかなりタイムが違ってくるのだけれど...
 
 
 
 

われ汝の御座の前に進み出て

 バッハが死の直前、視力を失い、口述筆記させたといわれるオルガン・コラール、"Vor deinen Thron tret ich hiermit"「われ汝の御座の前に進み出て」BWV668。
 
トッカータとフーガ / バッハ : オルガン作品集トッカータとフーガ / バッハ : オルガン作品集
(2000/06/21)
アラン(マリー=クレール)

商品詳細を見る

 バッハのオルガン作品に興味を持ち、手始めに買ったCDに収録されていて、今でも思い出したように聴く。
 なぜだかわからないけれど、ふと、聴きたくなるコラール。どこか懐かしく、あたたかい歌。
 
 
 
 

ナウシカ、もののけ姫、かぐや姫

 日曜は映画館へ行った。

かぐや姫の物語  映画パンフレット 監督 高畑勲  声 朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、田畑智子、立川志の輔かぐや姫の物語 映画パンフレット 監督 高畑勲  声 朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、田畑智子、立川志の輔
()
不明

商品詳細を見る


 悲劇である。救いがない。
 われわれ観衆は、ことばを通じて、おのおの感ずるところがあるけれども、また明日からがんばろうと思えるけれども、これはまったく悲劇である。これはまったく救いがない。
 そういえば『風立ちぬ』も、ぼかしてあったけど、悲劇だったな。
 
 
 
 

早くオンラインレースを!

 グランツーリスモ6、ようやく落ち着いて楽しめている。
 足回りのレスポンスやコントローラーからの入力のフィードバックなど明らかに前作とは違い、ドライブしている感覚をよりリアルに感じる。
 コースが増えたことがなにより嬉しい。
 以下、GT6収録コースのうち、僕の好きなコース一覧。

鈴鹿、サルト、ニュル、モンツァ、スパ、アスカリ、ブランズハッチ、マウントパノラマ、ロンドン市街地、マドリード市街地、コートダジュール


グランツーリスモ6 初回限定版 -15周年アニバーサリーボックスグランツーリスモ6 初回限定版 -15周年アニバーサリーボックス
(2013/12/05)
PlayStation 3

商品詳細を見る

 
 
 
 
 
 

第一稿の価値

 久々に、最近リリースされたCDを聴く。ブルックナーの第8交響曲(第1稿)。

ブルックナー : 交響曲 第8番 ハ短調 WAB108 (1887年第1稿) (Bruckner : VIII Symphonie (1887 Urfassung) / Kent Nagano , Bayerisches Staatsorchester) (2CD) [輸入盤・日本語解説付]ブルックナー : 交響曲 第8番 ハ短調 WAB108 (1887年第1稿) (Bruckner : VIII Symphonie (1887 Urfassung) / Kent Nagano , Bayerisches Staatsorchester) (2CD) [輸入盤・日本語解説付]
(2013/11/20)
ケント・ナガノ、ブルックナー 他

商品詳細を見る


 第3楽章のアダージョだけでも聴く価値がある、第1稿。
 広く演奏されるハース版や第2稿とはまったく違う作りになっており、とりわけアダージョにおいては、いたるところにワーグナーの『パルジファル』の面影が見受けられる(私論)。
 第8番がお好きな方はぜひ。
 
 
 
 

おわああ、

 中原中也と同時代の萩原朔太郎の詩も、いい。

   猫
まっくろけの猫が2疋、
なやましいよるの家根のうえで、
ぴんとたてた尻尾のさきから、
糸のようなみかづきがかすんでいる。
『おわあ、こんばんわ』
『おわあ、こんばんわ』
『おぎゃあ、おぎゃあ、おぎゃあ』
『おわああ、ここの家の主人は病気です』
                                             (表記一部改編)


永遠の詩07 萩原朔太郎永遠の詩07 萩原朔太郎
(2013/01/21)
萩原朔太郎、高橋順子 他

商品詳細を見る
 
 
 
 

マクラーレン・ホンダ記念再販

 ヨドバシ梅田で在庫を確認 タミヤHPより
 木曜日に GT6 初回限定版 を受け取りにいくついでに購入予定。いま作っている これ Lotus 79 はまだシャシーとエンジンまでしか完成していないけれど、とりあえず買わねば。
 レジェンド・マシンの中でもひときわ目立つ ホンダ・マールボロ・マクラーレン MP4/4
 プロスト仕様での制作を構想中。
スケール限定シリーズ 1/20 マクラーレン Honda MP4/4 89719スケール限定シリーズ 1/20 マクラーレン Honda MP4/4 89719
(2013/11/16)
タミヤ

商品詳細を見る
 
 
 
 
プロフィール

めが

Author:めが
大阪在住、岡山出身。

岡山朝日高校(管弦楽部)、大阪大学(法学部)から会社員(教育系)へ。

【興味関心】
詩(ヘッセと中原中也)
音楽(とくにバッハとブルックナー)
モータースポーツ(とくに1984年~1993年のF1)
グランツーリスモ、スポーツカート
ブルックナー研究

 
 
 
 
 
 
最新コメント
 
 
 
 
最新トラックバック
 
 
 
 
 
 
 
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
 
QRコード
QR
 
 
Pagetop
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。